Marathon Capital Partners

経営者と共に走り続ける中小企業投資のエキスパート

MESSAGE

私たちは中小企業との資本提携・M&Aに特化した、国内トップの中小企業支援実績を持つ投資のエキスパート集団です。

国内で唯一、海外でのシリアルアントレプレナー経験者が創業し、チーム合計の投資経験数が80社以上という、国内スモールキャップ*業界では群を抜いた経験を有する、他社には無い強みを持った独立系の投資会社です。 *営業利益で5億以下、売上50億以下程度の中小企業。

社名の由来である『マラトン』はマラソンの語源です。 ペルシア戦争におけるマラトンの戦いで、少数のギリシア軍が考え抜かれた奇策で大群のペルシア軍に大勝利を収めた様に、ビジネスの世界においても徹底的に分析し、考え抜かれた戦略を愚直に実行に移すことで、小さな力で非常に大きな結果を得る事ができるという事を経験し、その構造を理解して参りました。

一見根性勝負に思われるものも、実際には分析と戦略(モチベーション維持も含む)がモノを言い、それ次第では凡人でも数万人の中でトップになれるマラソン競技と同様に、企業経営においても企業や企業を取り巻く業界を分析し、適切な戦略を徹底的に実行するという活動を愚直に繰り返す事で、中小企業を国内トップの繁栄に導ける事を身を持って経験して参りました。

マラトンキャピタルパートナーズは創業者自身が0→1で事業を立ち上げたオーナー経験がある為、中小企業のオーナー様の気持ちを良く理解し二人三脚で伴走できるファンドです。 国内トップの中小企業投資経験を持つ当社に、ささいなお悩みからでも是非ご相談ください。

代表 小野 俊法
代表 小野 俊法

メンバー紹介

メンバー紹介を見る

トピック

post_image
ニュース2023/10/11
記事掲載のお知らせ
「MARR Online(マールオンライン)」の「M&Aの現場から」に弊社代表の小野の記事が掲載されました。 詳細はこちら
post_image
ニュース2023/01/05
記事掲載のお知らせ
「週刊エコノミスト」の「REC,ヒトが繋ぐ、時代を紡ぐ」に弊社代表の小野の記事が掲載されました。 記事の要約はこちら
post_image
ニュース2024/02/08
新メンバー参画のお知らせ
2月8日よりヴァイスプレジデントとして大波 史弥が参画いたしましたのでお知らせ申し上げます。大波は慶應義塾大学経済学部卒業後、野村證券投資銀行部門にて、TMTセクターのカバレッジチームとして、主に資金調達やM&A […]
post_image
ニュース2024/02/08
さわもと犬猫病院との資本業務提携のお知らせ
マラトン1号投資事業有限責任組合は、特別目的会社を通じて、長崎県で犬猫病院の運営を行う株式会社さわもと犬猫病院と資本業務提携を締結したことをお知らせいたします。 詳細はこちら
post_image
ニュース2024/01/26
ハッシュとの資本業務提携のお知らせ
マラトン1号投資事業有限責任組合は、特別目的会社を通じて、情報誌・WEB・映像等の企画・制作を事業展開する株式会社ハッシュと資本業務提携を締結したことをお知らせいたします。 詳細はこちら
post_image
ニュース2023/11/06
東邦技研との資本業務提携のお知らせ
マラトン1号投資事業有限責任組合は、特別目的会社を通じて、監視カメラ等のセキュリティ製品販売を行う東邦技研と資本業務提携を締結したことをお知らせいたします。 詳細はこちら

トピック一覧を見る

マラトンの特徴・他社との違い

後継者問題への独自のソリューション
世界最大レベルの1500名以上の後継者候補人材プール「日本プロ経営者協会」を運営しています。さらに、外部経営者の招聘や、内部キーマンの育成も行っています。後継者が見つからないとお悩みの経営者の方々に、適切な解決策をご提示します。
代表が起業から
EXIT経験がある唯一のファンド
ファンドを興した代表は「実業」を1人でゼロから立ち上げ、成長させたのち、EXITした経験をするという、業界唯一の実績をもつ本当の意味での経営者。海外での起業家経験がある代表が経営する、業界で国内唯一の会社でもあり、海外起業の知見も豊富。 実際の経験をもとに、経営の不確実性を理解し、経営者の方々の悩みに寄り添う伴走支援を行います。
トップクラスのパートナーと協業支援
海外展開支援や、PRの支援等を謳っても、中小企業を対象としたファンドの中では、具体的に強みがあるファンドは皆無。我々は営業・マーケティング・人材採用・PRなどのさまざまな領域で、トップクラスのパートナーと提携しているため、大手広告代理店・大手商社との協業により、PR支援・海外進出支援が可能です。
DXを活用したITによる経営改善
DXは大企業でないと、本格的な導入は不可能と思われがちですが、中小企業でも可能なDXを活用したITによる見える化、リアルタイム化、KPI設定等を行い、それを元に改善を進める事による高速経営・営業改善が可能です。
後継者問題への
独自のソリューション
利益が出ないことや業績に伸び悩んでいることがお悩みのオーナー様ではなく、良い後継者がいないことが最大の悩みのオーナー様が相当数いらっしゃることを、事業承継ファンドを運営していく中で実感いたしました。
プロ経営者協会を立ち上げるに当たり、その後継者がいないという悩みを解決出来るファンドになることを目標とし、運営現時点で約1500名のプロ経営者が在籍する世界最大規模の人材プールに発展いたしました。
通常だと他のファンドでは人材会社に頼るところ、当ファンドでは後継者人材プールを独自で運営している協会において保有しており、通常の中小企業を対象としたファンドと比較して非常にレベルの高い人材の招聘が可能となっております。
代表が起業から
EXIT経験がある唯一のファンド
代表である小野はファンドを個人で0から興し「実業」を立ち上げ、グロースさせた実績をもつ本当の意味での経営者です。海外へも進出し、起業。日本の技術を使って海外のマーケットで事業を行いました。海外での起業家経験がある代表が経営する国内唯一の会社であり、経験則という観点から他社にはない強みがあると思っております。
実際の起業・経営経験をもとに、経営の不確実性を理解し、経営者の方々の悩みに寄り添う伴走支援を行います。
特にアジア圏内を得意としており、中小企業様の海外展開・海外需要獲得の為に、アジアのネットワーク拡大をサポートする為に、大手の商社との深い関係を維持しています。
中小企業様の成長する海外市場進出、中長期的に爆発的に成長する海外顧客のインバウンド需要獲得を支援させていただくことが可能です。
トップクラスの
パートナーとの協業支援
海外展開支援や、PRの支援等を謳っても、中小企業を対象としたファンドでは実際に強みがあるファンドは皆無。メンバーのスキルやネットワークに限らず、営業・マーケティング・人材採用・PRなどのさまざまな領域で、大手広告代理店・大手商社などのトップクラスのパートナーと蜜な関係を維持しております。
そのため、PR支援や、海外進出支援業務の実行支援まで直接利用することが可能になります。
そのネットワークを通じて各資本提携先の中小企業に、最適なスキルを持つ人材で価値向上を実行することが可能と考えます。
DXを活用したITによる経営改善
中小企業におけるDXは、かけられるコストの制限から大企業のそれとは異なり、専門的なアプローチや、適切なコストパフォーマンスの高いシステム構築の知識が求められます。
DXを活用したITによる見える化、リアルタイム化、KPI設定等を行い、それを元に改善を進める事による、高速経営・営業改善が可能です。DXを活用した改善を社内のスキルやリソースでできる中小企業は殆ど存在しない為、それが可能になる場合には、その中小企業は競争優位性を持つ事ができます。

詳細を見る

ケース別事例紹介

実績紹介

マラトンキャピタルパートナーズは
一緒に働く仲間を探しています。

メンバー紹介を見る